• アクセス
  • 電話をかける
  • メールフォーム

夏の疲れと体の不調

みなさん、こんにちは!浜野整骨院の羽鳥です!

まだまだ暑い日が続きますね!年々暑さが増してる気がするのですが、どこまで暑くなるんですかね?祭りや花火大会など夏の楽しみをがっつり満喫し、あとは涼しくなる日を心待ちにしてます。出店の焼きそばが美味しかったな~!

 

さて、今回は夏の暑さからくる疲れが体に与える影響について書きたいと思います。

暑さの疲れが頭痛や肩こり、腰痛、坐骨神経痛などに繋がりますからね!

 

人は体内の環境を常に一定にする働きがあります。体温もその一つで、暑いところに行っても寒いところに行っても体温は一定に保たれています。

その体温調節の働きは自律神経が調整しています。

 

暑いところにいれば、血管を広げたり、汗をかくことで熱を体内から逃がすスイッチが入ります。寒いところにいる時は、血管を収縮させて熱を逃がさないようにしたり、筋肉をふるえさせて熱を産生するスイッチが入ります。

 

夏の暑い日差しの中で歩いている間は、自律神経の働きで体内の熱を逃がす働きが行われます。その状態から冷房の効いた建物に入ると、今度は体を冷やさないように、熱を逃さないように働きが変わっていきます。

 

特に今年の夏は暑いので、体の熱を逃がすことに体力が使われることで、自律神経は疲れやすくなっています。ですが、生活の中で、家の中から外に出て、電車やコンビニ、オフィスなど、建物に出たり入ったりしていると、自律神経は何度もスイッチの入れ替えをしなければいけません。

そうすることで余計に自律神経は疲れが溜まっていってしまいます。

 

自律神経は睡眠にも関わるため、自律神経が疲れることで睡眠の質が下がり、眠りが浅くなったり、不眠になったりすることがあります。そうなると、体を休めることができなくなるので、体の疲れも回復できなくなります。

 

普段の体の使い方や悪い姿勢により体の骨格が歪んでいる方の場合、すでに体は歪んだ体を支えようと頑張っていて疲れが溜まっています。

そこに夏の暑さにより、体が回復できない状態になることで、疲労は溜まる一方になり、上積み状態になってしまいます。

疲労が溜まりに溜まった体は限界になるにつれて、痛みなどの不調が出やすくなります。

そうなることで、肩こりや腰痛、坐骨神経痛などの痛みに繋がっていくのです。

 

体の歪みを整えて、良い姿勢を心がけることで、疲れの溜まりずらい体を作ることができますよ!そうすることで痛みなどの不調の予防をすることができます!

 

それでは~!

 

1日2名様限定1,980円